何はともあれ生活のネット http://witbbs.org My WordPress Blog Tue, 07 Feb 2017 02:53:07 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.3 子供向けのスキーツアー http://witbbs.org/?p=17 http://witbbs.org/?p=17#respond Tue, 07 Feb 2017 02:53:07 +0000 http://witbbs.org/?p=17 子供連れでスキーツアーに行くとなると宿泊付きでは費用がかかってしまいなかなか手出しができません。

そのような家族全員で旅行に行きたい人のために、日帰りスキーツアーがあります。宿泊費用がない分、費用負担が減りますし、最近では子供向けのスキーツアーがたくさんあります。こうした日帰りのメリットは、運転をしなくてもいいので、その分子供へ目を向けることができます。

一般的に朝発でも夜発でも出発の時は眠たいものなので、帰りはゲレンデを堪能して家族全員が疲れてしまっています。そのため、何も自分達でせずに目的地まで運んでくれるというのは魅力です。スケジュール自体もきちんとプランニングされているので何も考えずにゲレンデを目一杯楽しむだけで良いです。
スキーのツアーはこちら。

様々な人が乗車すると気を使うことが多いですが、子供向けのプランならそういった気疲れもしませんし、子供向けのアニメビデオを上映してくれたり、休憩をマメにとってくれたりします。こういったプランは大手旅行会社が多いので、たくさんの趣向を凝らしてくれます。子供連れの基本として、団体行動を守り、子供はきちんと座席に座らせて騒いだら注意をするなど周囲への細かな配慮というのは当然必要になってきます。こうしたプランは幼児向けはまだまだ少ないですが、小学生くらいになるとかなり多くのプランで参加できますので家族全員で旅行に行く際はこのような子供向けプランで行ってみるのも良いです。

]]>
http://witbbs.org/?feed=rss2&p=17 0
スキーツアーを選ぶときの注意 http://witbbs.org/?p=14 http://witbbs.org/?p=14#respond Tue, 07 Feb 2017 02:51:35 +0000 http://witbbs.org/?p=14 最近は、気軽に行ける格安スキーツアーも増えています。

行きや帰りに、アウトレットモールや温泉などの寄り道が出来るスキーツアーなどもありますが、日帰りで寄り道が出来るタイプは申込み前に注意することがあります。

スキーと寄り道などが一緒になっていると、お得に感じますが、日帰りだとスケジュールに余裕がありませんし、そこへ寄り道が入るとかなり過密になります。

スキーも、寄り道自体も、時間が短くなって中途半端なままで帰宅ということもあります。

旅行代理店が発行しているカタログや、ネットでの予約するときに、詳しい内容が書かれたりしていますがそれも、内容がわかりにくいこともあります。スキーだけを本格的に楽しみたいときには、ゲレンデで滑られる時間が最も重要なポイントになります。日帰りなら、どの時間ゲレンデに滞在できるかを、申込み前には確認しておくと失敗がありません。

また、宿泊の場合は、一般的な料金だと宿泊先や食事のレベルはあまり高くないです。

とくに格安のときは、オプションなども最初に確認して、内容なども調べておいた方がよいです。
宿泊付だと、バスとリフト券の値引きには限界がありますから、それほどどのツアーでも価格に差はないです。

後は、宿泊先のコスト削減で格安を提供しているので、滑るだけが目的のときはよいですが、他の食事とかにもこだわりがある時には、出される食事や宿泊先のことも調べた方が無難です。宿泊先や食事にも拘ると、やはりそれなりに料金は高くなります。

]]>
http://witbbs.org/?feed=rss2&p=14 0
スキーツアーとカップルについて http://witbbs.org/?p=11 http://witbbs.org/?p=11#respond Tue, 07 Feb 2017 02:50:32 +0000 http://witbbs.org/?p=11 スキーツアーは、昔から日本人に親しまれてきた冬のスポーツの1つです。

とても多くの日本人が、昔から、現在の若者のお父さん、お母さん世代の方々の頃からあるスポーツであり、恋愛的なスキーに関する冬の歌なども、とても大流行しました。

また、多くの昔の日本人から愛されているように、恋愛ソングが、スキーに関するもので大流行するのと同時に、カップルが成立する可能性もとても高いスポーツの1つとなっています。

そのため、大学生や社会人の方などで、このようなスキーのツアーに参加され、ツアーを通して、恋人同士になる人も少なくありません。
理由としては、ツアーを通して、例えば女性がまったく滑れない場合には、男性がリードしてスキーを教えてくれる、親切に丁寧にアドバイスをくれる、などの普段とはまた違った魅力的な一面を、女性がみることで、恋に発展することなども多く、また逆に、男性も、女性が一生懸命に練習を重ねている姿を見て、懸命な姿に心を打たれ、恋心に発展する…などのことが多くあります。

このように、ツアーを通して、恋人同士になる人は少なくなく、また、現在すでにカップルの人の場合には、さらに絆を深めるために、参加をされている、そのような方々も多くおられます。

また、ウエアなどもとても可愛い、お洒落、かっこいい物が販売されており、そのような服装から、恋に落ちる、という場面もあり、非日常的なことが、とても大きな魅力につながっています。

]]>
http://witbbs.org/?feed=rss2&p=11 0
酒飲みにお勧めしたスキーバスツアー http://witbbs.org/?p=8 http://witbbs.org/?p=8#respond Tue, 07 Feb 2017 02:49:10 +0000 http://witbbs.org/?p=8 ゲレンデで雪見酒ができたら最高だな、と思ったことはありませんか?ただスキー場へは車で行くことが多く、なかなか実現は難しいと思います。

でもそんなときにお勧めなのがバスツアーです。好きなだけお酒とスキーが楽しめます。スキーを楽しみほてった体に、流し込むビールの味は格別です。スキー場のレストランではウィンナーやポテトなどおつまみになるものが豊富で肴にも困りません。

売店に行けば好きなおつまみを買うこともできます。また持ち込みOKな無料休憩所を活用し、用意周到に持参すればスパークリングワインに、生ハム・チーズなんておしゃれに楽しむこともできます。冷蔵庫が無くても雪にワインを沈めておけばお昼にはちょうどよく冷えます。
スキーツアーはこちら。

暖かく快適な室内で雪を見ながら乾杯といった、とても贅沢な時間を過ごすことができます。朝早くから滑れるツアーなら午前中だけしっかり滑って、午後は宴会なんて楽しみ方もあります。午後からもきっちり滑りたい、という方は安全にスキーを楽しむためにお昼のお酒はある程度控えめにして、しっかり午後も滑りましょう。まだまだ楽しみは終わりません。帰りのバスではサービスエリアによりますので、ご当地のお酒とおつまみを買い込み、到着するまでゆっくり楽しみましょう。友人と今日の滑りを話したり、撮った写真を見たり、運転しながらではできないことがツアーではたくさんできます。このようにバスツアーを利用すれば、通常では困難な雪見酒をとても簡単に楽しむことができるのでぜひ体験してみてください。

]]>
http://witbbs.org/?feed=rss2&p=8 0
山形県の米沢市へのスキーツアー http://witbbs.org/?p=5 http://witbbs.org/?p=5#respond Tue, 07 Feb 2017 02:47:43 +0000 http://witbbs.org/?p=5 山形県の米沢市といえば、米沢牛が有名ですが、スキーツアーとしても負けていない人気をほこっています。

ですがむしろあまり人に教えたくないくらい質が良いスキー場なので、本州なのにレベルの高い雪質やコース、景色を楽しみたいといった人には山形県の米沢市はおすすめできます。

コースのある山頂に立つと、まわりには月山や鳥海山が拝めたりして、雪山に囲まれるのは圧巻で、まるで海外にまでスキーのツアーに来たのではないかと錯覚させてくれるくらいです。

それに、これほど標高もあって、樹氷群など景色も良いとなるとそれだけ天候は厳しいことが多いものですが、山形県の米沢市ならわりと晴天率も高いのでおだやかな天候のもと滑れることが多いのも魅力的です。

アップダウンが激しいなど上級者の人が技を磨くために滑りたいというよりは、ロングコースがあって景色や気候も素晴らしいことから、ゆったりと大自然に囲まれながら滑りを満喫したいといったタイプの人たちにおすすめだといえます。

景色といえば、山形県の米沢市のスキー場はハブラシ樹氷という名前で有名なほど樹氷がキレイですし、パウダースノーが有名なほど水分も少なくてサラサラした雪質なので本当の実力よりもうまくなったように思えるなど、いい思いをさせてくれるスキー場だといえるかもしれません。

また名湯として知られている温泉もすぐそばにあるのでこれも合わせてプランに入れておいて楽しみたいところです。

]]>
http://witbbs.org/?feed=rss2&p=5 0